30代以降に必要な美白ケア

悩む女性

30代のスキンケアは20代〜50代のスキンケアの中では、特にケアの難しい時期だと言われていますので、それだけ重要なじきであるとも言えます。

 

この30代の時期のスキンケア次第で、40代・50代或いはそれ以降の年代の、肌コンディションが決まってしまう可能性も高いとのことです。

 

まず30代以降の肌質の変化の例としては、20代までは正常にほぼ28日周期で周っていた肌のターンオーバーが、30代になって約40日周期となり、肌に表面化していない将来のシミ・くすみの予備軍になる隠れシミが作られたり、肌質や肌の健康度がライフスタイルの影響を受けやすくなるということがあげられます。

 

妊婦さん

人によっては20代から始まる場合もありますが、結婚・出産・育児の経験や、会社で責任のある仕事を任されたりすることによる、ストレスの影響などを受けやすくなるのだそうです。

 

従って美白ケアにも、ターンオーバー等の肌の土台部分への考慮と共に、ライフスタイルの変化に合わせた対応が必要になってくるのです。

 

ですからスキンケアや美白ケアの化粧品も、ドラッグストア等で売っているような市販の低価格のものより、多少高価にはなりますが、高品質・高純度な成分の配合された、自分の肌質に合ったものを選ぶ必要があります。

 

例えば20代から美白ケアを続けていて、ライン使いで「予防型の美白化粧品を」を使っており、30代でも変わらず肌との相性がよく、効果や肌コンディションにも満足なのであれば、そのままその美白化粧品を使い続けてもよいでしょう。

 

お肌ケアする女性

但し前日の肌の疲れが残っている等、何らかの形で肌の衰えを感じ始めた場合は、ラインで揃えていた化粧品の緩いの調整や、美白効果も保湿効果も高い美白化粧品等の、トライアルセットをまずお試しになることをお勧めします。

 

その上でもし相性が良ければ、その化粧品の方にライン毎変えても構いません。

 

また肌疲れや眼の下・額・頬骨・下唇周辺等に、うっすらとシミやくすみが表面化している場合には、肌のメラニン色素の漂白と生成抑制効果のある成分や、メラニン色素漂白効果の高いハイドロキノン等の成分を配合した、「対応型の美白化粧品」の使用が効果的です。

 

そして妊娠や出産等を機に肌のコンディションが激変し、乾燥肌・敏感肌になったり、肝斑(かんぱん)等のシミができてしまった人は、刺激の強い成分や化学製の添加物を含まない、植物系由来の肌に優しい成分中心の美白化粧品にするようにしましょう。

 

スキンケアでは追い付かない食生活や生活習慣の修正や、ストレスを溜めずに上手に発散する方法を身に付けるようにしましょう。

 

プチプラ美白化粧品はこちら

30代以降に必要な美白ケア

30代以降に必要な美白ケア

 

ここでは30代以降に必要な美白ケアについて、お話していきたいと思います。30代のスキンケアは20代?50代のスキンケアの中では、特にケアの難しい時期だと言われていますので、それだけ重要なじきであるとも言えます。この30代の時期のスキンケア次第で、40代・50代或いはそれ以降の年代の、肌コンディションが決まってしまう可能性も高いとのことです。

 

まず30代以降の肌質の変化の例としては、20代までは正常にほぼ28日周期で周っていた肌のターンオーバーが、30代になって約40日周期となり、肌に表面化していない将来のシミ・くすみの予備軍になる隠れシミが作られたり、肌質や肌の健康度がライフスタイルの影響を受けやすくなるということがあげられます。人によっては20代から始まる場合もありますが、結婚・出産・育児の経験や、会社で責任のある仕事を任されたりすることによる、ストレスの影響などを受けやすくなるのだそうです。従って美白ケアにも、ターンオーバー等の肌の土台部分への考慮と共に、ライフスタイルの変化に合わせた対応が必要になってくるのです。ですからスキンケアや美白ケアの化粧品も、ドラッグストア等で売っているような市販の低価格のものより、多少高価にはなりますが、高品質・高純度な成分の配合された、自分の肌質に合ったものを選ぶ必要があります。

 

例えば20代から美白ケアを続けていて、ライン使いで「予防型の美白化粧品を」を使っており、30代でも変わらず肌との相性がよく、効果や肌コンディションにも満足なのであれば、そのままその美白化粧品を使い続けてもよいでしょう。但し前日の肌の疲れが残っている等、何らかの形で肌の衰えを感じ始めた場合は、ラインで揃えていた化粧品の緩いの調整や、美白効果も保湿効果も高い美白化粧品等の、トライアルセットをまずお試しになることをお勧めします。その上でもし相性が良ければ、その化粧品の方にライン毎変えても構いません。

 

また肌疲れや眼の下・額・頬骨・下唇周辺等に、うっすらとシミやくすみが表面化している場合には、肌のメラニン色素の漂白と生成抑制効果のある成分や、メラニン色素漂白効果の高いハイドロキノン等の成分を配合した、「対応型の美白化粧品」の使用が効果的です。そして妊娠や出産等を機に肌のコンディションが激変し、乾燥肌・敏感肌になったり、肝斑(かんぱん)等のシミができてしまった人は、刺激の強い成分や化学製の添加物を含まない、植物系由来の肌に優しい成分中心の美白化粧品にするようにしましょう。スキンケアでは追い付かない食生活や生活習慣の修正や、ストレスを溜めずに上手に発散する方法を身に付けるようにしましょう。